思春期までにやり直し | すなおな子へまっすぐ育てる自立の育児心理学

私らしい生き方とのびやかな子育てを両立するオンライン心理学レッスン・カウンセリングルーム

【事例ストーリー①】ついたたいてしまう子の心の痛み

こんにちは。

澄田順子です。

 

 

子どもにあらわれる

問題行動、あるいは

そこまでいかないマイナートラブルって

 

いったいどこに原因があって

何がきっかけで現れて

どんなふうに解決していくのか

 

ストーリー仕立てで

お伝えしていきます。

 

特別なケースではありません。

大なり小なり

どの親子にもあるもの。

 

3歳6か月の男の子(第一子)

 

赤ちゃんの頃はおとなしくて手のかからない子だった。

イヤイヤ期も想像していたほど大変ではなかった。

  

イヤイヤ期を過ぎたあたりから急に乱暴になり、思うようにいかないとすぐ手が出るように。

特に保育園で、毎日のようにお友だちをたたいてしまう。

 

毎日のように園から電話がかかってくるので、ママはすごくプレッシャー。

先生にも相手の親子にも申しわけない思いでいっぱい。

 

子どもにはきちんと注意しているのに、家でも気に入らないことがあると親をたたいたり壁をたたいたり。

 

母親として、いったいどうすればいいのかわからない。

 

 

 

 

こんな相談を受けました。

 

家庭内のトラブルなら

まだ何とかなるものの

 

お友だちとの

たたいた・たたかれたのトラブルは

どちら側のママも

本当に心を痛めますね。

 

このママも

とても頭を痛めていらっしゃいました。

 

胎児期の様子

出産前後の様子を

お聞きして

なんとなく原因が分かったので

 

ママにこのように伝えました。

 

「大丈夫ですよ。

子どもには子どもなりの

手が出る理由があってのこと。

 

そのあたりを

「わかってほしい!」と

思っているんだけど

大人がうまく理解できないので

こじらせているだけ。

 

ママのせいではないし、

子どものせいでもない。

 

そのあたりを

丁寧にほどいていくと

少しずつ良くなっていきますよ」

 

 

そして、後日

チャイルド・セラピー

(子どものためのインナーチャルドセラピー)

をしました。

 

※チャイルドセラピーとは

 師である西谷先生のサイト>>

 

赤ちゃんや子どもは

すでに感情を持っていますが

それをうまく言い表すことができません。

 

そのため、

体の症状や問題行動などで

ママに「気づいて」のサインをおくります。

 

ママがこのサインに気づいて

対処してあげられると

おさまるのですが

 

くり返し起こる場合、

長期にわたって現れる場合は

バーストラウマのような

根深い心の問題が

原因になっていることがあります。

 

ピエタセラピーでは、

経験を積んだセラピストが

子どもの心の根っこを修正し

親子関係の改善をはかります。

 

その結果

子どもの心のつかえがとれて

問題行動がおさまり

 

同時に

ママ自身の心のつかえがとれ

ママの中にもともとあった愛情が

目覚めます。

 

ありのままの自分を愛せるようになり

ありのままの子どもを受け入れられるように

なってきます。

 

子どもとともに

成長できる親子関係へと

変わります。

 

②へ続きます>>

 

-

 

 

 

体験セッションのお申込みはこちら>>

 90分 3,000円

 

子育てプログラム一覧はこちら ↓

mismaru.jimdo.com