思春期までにやり直し | すなおな子へまっすぐ育てる自立の育児心理学

私らしい生き方とのびやかな子育てを両立するオンライン心理学レッスン・カウンセリングルーム

「いいお産」に対する こだわりを捨てていいんだよ

 

「いいお産」ってなにかな?
  
自然分娩?
助産院?
自宅出産?
  
それは誰にとっての「いいお産」なのかな?
   
そこまでこだわってしまうのは、どうしてかな?
   
自然に近いお産であればあるほど
それはママのステータスになるのかな?
   
「いいお産」というイメージの中に
『赤ちゃんの気持ち』含まれているのかな?
   
どんな形のお産であれ
「生まれてくる」ということは
赤ちゃんにとって
大なり小なりストレスなできごと。


「いいお産」て
ママと赤ちゃんが前向きに乗り越えられること。

だから、
   
「いいお産」は
帝王切開でも、
無痛分娩でも、可能だよ。
   
ママと赤ちゃんが前向きに決めたことなら
それは「いいお産」になる。
    

不本意な結果になってしまった、と思えば、
ずっとそこで時が止まる。
  
でも、子育ては続くよ。

お産は一瞬。
とても大切なできごとだけど

その後にずっと子育ては続いていく。

私は16年やってるけど、まだまだ終わらない(笑)
   
    
どんなお産であっても
自分を責めなくていい。
   

 

 

体験セッションのお申込みはこちら>>

 90分 3,000円

 

子育てプログラム一覧はこちら ↓

mismaru.jimdo.com