思春期までにやり直し | すなおな子へまっすぐ育てる自立の育児心理学

私らしい生き方とのびやかな子育てを両立するオンライン心理学レッスン・カウンセリングルーム

上の子の赤ちゃん返り【2】

 

 
 上の子の赤ちゃん返り【1】>>

 

じゃあ、どうしたらいいの?

という質問にお答えします。

 

 

お母さん、

大変だと思いますが、

上の子との時間を持ってあげましょう。

 

とりあえず、3分とかでいいです。

 

3分、何も言わずに

ただギュッと抱っこしてあげましょう。

 

 

ママに弟妹がいるなら

ママ自身も、同じような経験をしているはず。

覚えてなくても。

 

そのショックと悲しさは

心の奥で塊のようになっていて

これまでも

何かあるとズキンとしていたはず。

 


その痛みを

上の子に重ねてみてしまい、

感情的になることもあるかもしれません。

 

こんな時

ママの心の中にも

小さな子どもがいるんです。

 

f:id:mismaru:20171214170351j:plain

 

一生懸命母親であろうと

しているけど

私もしんどいんだな、って。

 

まずはそのことに

気づきましょう。

 

 

さびしそうにしている上の子、

かまって欲しくて

ちょっかいかけてくる上の子、

いじわるする上の子、

乱暴な上の子

 

私にも、こんな気持ちがあるかもしれない。

 

そして、

私だって弟や妹のことイヤだった、

私はやさしくできない、いい子にできない

そんな自分が嫌いだったんだな、と。

 

そんな気持ちにいたれたら

そう思ってもいいんだよって

心の中の子どもに伝えましょう。



赤ちゃんのこと、

きらいって思ってもいいんだよ。


赤ちゃんのこと、

いやだな~って思ってもいいんだよ。

 

ママがそこまで

感じることができたら

 

上の子に

同じように言ってあげてください。


赤ちゃんのことイヤだって

思うときあるよね、って。

 

ママもあったよ、って。

 


そして、

上の子と過ごす時に

ひとつだけ、守ってください。

 

上の子と過ごす時は

赤ちゃんが泣いてもそっちに行かないこと。

上の子を優先すること。

 

赤ちゃんには、

「今はおにいちゃんとの時間だから、待っていてね」

と伝えます。

 

赤ちゃんが泣いたら、

そのまま待たせて、後で行ってげましょう。

 

すると、

 

上の子は大切にされている実感を、


下の子は

「譲ること、待つこと」を学びます。

 

 

これって、とても大切なの。

 

赤ちゃんが大変な上に、

上の子に泣かれると、

つらいかもしれませんが、


ママ自身が

「子どもが泣いてもいいんだ」って

思えると、
子育てはぐんと楽になります。

 
かつて私も
上の子に当たり散らすような
子育てをしていたけれど、
 
それぞれへの
接し方のコツをつかんで
 
今はきょうだいゲンカもなく
仲良しになりました。
 
あの時、方向転換して
よかったと思います。
 
 
気持ちがふりまわされてつらいママは
無料メール講座をどうぞ。

 

 

f:id:mismaru:20180207214552j:plain

mismaru.hatenablog.com

 

f:id:mismaru:20180118234624p:plain

  

感謝と応援を込めて♪

 

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 ランキング参加中♪

 ポチしていただけるとうれしいです。

↓  ↓

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ