子育ては 「盛りグセ」やめたらうまくいく

子育てが楽になる心のレシピをお伝えしています

ネガティブな感情を丸ごと感じる練習と、つまづかないための2つのコツ

 

前の記事で書いていた

「感情を受け入れる方法」を詳しく解説します。

 

これは、セルフ・ヒーリングのプロセスです。

おうちでやってみてくださいね。

感情を丸ごと感じきることで手放していく

今の自分をそのまま、感じてみる。
いい/わるいを外すことも難しいなら、
いい/わるいを感じている今の自分を丸ごと感じてみる。
 
イメージを使ってやる方法
1.「今の自分」を目の前にイメージしてみる
2.それをピンク色の風船にすっぽりと入れる
3.風船をやさしくハグする
 「そのままでいいんだよ」と感じてみる
4.風船を胸の中に納める「ここにいていいよ」

  

よく、「受容」とか「受け入れる」とかいう

表現がありますね。

 

私は、数年前まで

具体的にどうすることが「受容」なのか

まったく! 理解できませんでした。

 

言葉があまりにも抽象的すぎて

実感がわかなかったのです。

 

私たちの思考は

一日に数万回単位で

浮かんでは消え 浮かんでは消えしています。

 

そして、浮かんだものに対して

瞬時に! 無意識に! 

早押しボタンのように!

「いい」「悪い(ダメだ)」のジャッジをしています。

 

そして、ご想像通り

圧倒的に「ダメだ」の判定を繰り出しています。

 

一日に数万回の「ダメだ」

 

目の前につみかさなる

「こんな私ではダメだ」

「こんなふうに思ってはダメだ」

の判定の山。

 

 

こんなダメな私 きらいだ

あっち行け しっ しっ

 

あっち行けしっしっ と言った私と

あっち行けしっしっ と言われた私

 

そのどちらもまぎれもない自分だから

ずっと

しんどかったんです。

 

 

「受容」「受け入れる」ということは

この「ダメ」のラベルをはがし

「いいんだ」に貼り替えていくこと。

 

あっち行け のかわりに

こっちおいでよ と言ってあげること。

 

書くと、簡単ですね。

 

けれども、やろうとすると難しい。

 

「ダメ」のラベルは

かなりべったりと貼りついているから。

 

癒しのプロセスに入っていく時の

最初の難関でもあります。

 

コツ1:今の自分を丸ごと「いいんだ」と感じる

 

ポイントは丸ごと。

 

今の自分、

今の立ち位置にいる自分、

はまだこういうふうにしかできない自分、

を丸ごと、です。

 

イライラする自分に「ダメ」を感じるなら

 怒りを感じてもいい

 

子どもがかわいいと思えない時があるなら

 いとしいと思えなくてもいい

 

わかっているのにできないと感じるなら

 わかっているのにできない自分でもいい

 

いい・わるいを外すことが難しく感じるなら

 今はそれができなくてもいい

 

今の自分を丸ごと感じるとか、意味わかんないなら

 今の自分を丸ごと感じれなくてもいい

  

そんなふうに

「今の自分」を見つけ出せたら

「今のままの自分でいい」と

心の中に居場所をつくってあげるイメージをしましょう。

 

何にもできなくてもいいからここにいて

 

あっち行けされていた

もう一人の自分の居場所が

心の中にできると

ダメ出しエネルギーが消えていきます。

 

私の中での、エネルギーの仲直り

 

これが いわゆる「統合」です。

 

統合=仲直りができると、

とてつもない安心感が生まれます。

 

もし、また

あっち行けってケンカ(分離)になっても

仲直りできる(統合)ことを知っているから。

 

ちょっとあっち行けって言ったくらいじゃ

そのきずなは揺るがないことがわかるから。

 

こんなふうにして、

自分へのダメ出しをほどいて

嫌いだったもう一人の自分と

仲直りをしていきましょう。

 

 

コツ2:感情にどっぷりつからず淡々とやる

↑これ大事。ホント大事。

 

大掛かりな断捨離とか引っ越しとか

したことありますか?

  

断捨離とか荷造りの作業の時に

ひとつひとつの「モノ」に

感情移入して見てしまうと

作業が全く進まなくなります。

 

捨てようと思ったマンガ

ついつい 読み返してしまい

作業が一向に進まね~とか

ありますよね。

 

思い出があったり

思い入れがあったりするものを捨てる時

「思い」に意識の焦点を当ててしまうと

感情移入してしまい

捨てられなくなってしまうのです。

 

最初はそんな感じでコツコツ作業をしていると

やがて

どこかでパチッと

意識が切り替わる瞬間がやってきて

感情をはさまずに

どんどん捨てられるようになります。

 

作業がはかどる時というのは、

感情につかりすぎず

手を動かせるときなんです。

 

こういった受容のワークも同じで

見返してく時に

当時の体験にどっぷりとつからないことが

うまく手放すコツです。

 

すこーし高い所から

見下ろすように

または

映画のスクリーンで

別の誰かの人生を見るように

理知的な視点を持つように

してみましょう。

 

 理性的な視点を持つことができず

どっぷりとつかってしまうときは

まだ手放す段階にはないということ。

 

胸の中にまぁるく居場所をつくって

「ここにいていいよ」と

言ってあげましょう。

 

 

まとめ

ネガティブな感情を受け入れていくプロセスをご紹介しました。

 

今の自分を丸ごと感じて、じんわり感じてみましょう。

抵抗や反発する気持ちがなくなるまで、じんわりと。

 

難しければ、ピンク色の風船のイメージをやってみましょう。

 

コツ1:今の等身大の自分を丸ごと感じること

等身大の自分を感じられるようになるには

こういった練習の積み重ねが大切です。

焦らずに。

 

コツ2:感情にどっぷりとつかりすぎないこと

自分を見ているもうひとりの理性的な自分、

という視点でやるとスムーズです。

 

すぐには難しいかもしれませんが

日ごろからこういった練習をすると

ブレない、揺るがない自分というものを

作っていくことができるようになりますよ。

 

 

 

 
育児ストレス・不安ランキング

 ※ぽちっとよろしくお願いいたします(^O^)

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 

妊娠中からやっておきたい 赤ちゃんと心をつなぐ3ステップ

気分が不安定になるのはあなたのせいじゃない

妊娠は、

まったく別の命が胎内に宿る これまでにない体験です。

 

それゆえに

心のフタがゆるみ

普段は感じないように コントロールできていた

さまざまな感情を体験することになります。

 

イライラしたり、

涙もろくなったり、

とてつもなくさびしさを感じたり、

小さなことにまで不安を感じたり、

自分の行動一つ一つが赤ちゃんに影響しないか

ピリピリしたり。

 

そんな自分の変化に 戸惑いを感じつつも

 

ポジティブでいなきゃ

幸せそうにしていなきゃ、と

気づかない間に 自分を追いつめてしまい

何かの拍子で 感情が爆発、自己嫌悪・・・。

 

妊娠中は

こんな感じで気分が不安定になり、自分を責めてしまいがちです。

 

マタニティ期のうちに 産後の予行演習期を

マタニティ期は、

これから始まる赤ちゃんとの生活の

予行演習期 だと思ってください。

 

いざ赤ちゃんが生まれると

心のフタがパッカーンと開いて

受け止める余裕がないほどに ふりまわされてしまいます。

 

ですからまだ余裕のあるうちに

自分の中のネガティブな気持ちと

上手に折り合いをつける方法をマスターしておくと

本番=赤ちゃんとの生活での感情の揺れに、翻弄されにくくなります。

 

赤ちゃんと心をつなぐ3ステップ

Step1 感情を丸ごと感じきることで手放していく。

今の自分をそのまま、感じてみる。
いい/わるいを外すことも難しいなら、
いい/わるいを感じる自分を丸ごと感じてみる。

  

どんな感情もあっていい。

 

あの頃に戻りたいよー、とか

こんなんじゃ母親失格だなぁ、とか

どうして私ばっかりこんな思いをするの、とか

 

私ってイヤなやつだなぁと思うような感情も

感じることそのものに罪はありません

 

その感情の下には、あなたの母性がちゃんと輝いています。

あなたが気づいていないだけで。

 

輝く母性の上に、折り重なるように こびりついている感情を

感じて溶かしていきましょう。

 

 

Step2 自分をねぎらう

それだけのものを抱えて
ここまでやってきた自分をねぎらう。
あなた自身の一番の味方になって理解してあげる。

 

感情が苦しいのは

「誰かこの気持ちをわかってほしい」のに

「誰もわかってくれる人がいない」から。

 

Step1で 感情を感じてふっとゆるんだ感覚があったら

あなたが自分をねぎらいましょう。

 

誰もわかってくれなかったとしても

あなただけは自分の味方で、一番の理解者でいましょう。

 

あなたが自分自身のことを 理解してあげられるようになると

あなたの前に 理解してくれる人が現れます。

 

こんなふうに自分の中の感情を片付けた後に

赤ちゃんとつながるようにしてみましょう。

 

Step3 赤ちゃんへの声かけ

おなかに手を当て、 赤ちゃんを感じながら声をかけましょう。
 
これはママの気持ちで、あなたのものじゃないからね。
ママがこんな気持ちになるのは、あなたのせいじゃないからね。
ママはちゃんとあなたのことを見ているよ。

 

実はこれが一番大切なのです。

赤ちゃんは、

おなかの中でお母さんの気持ちを敏感に感じ取り

受け取っています。

 

まるでお母さんの気持ちを

自分に向けられているように感じてしまうのです。

 

そうすると、

ママを心配させて申し訳ないな

ママを悲しい気持ちにさせて悪いな

ママがこんな気持ちになるのは

わたしのせいかな

 

と、赤ちゃんは思うのです。

 

覚えていませんか?

 

あなたも

子どもの頃、

親の視線を気にしていませんでしたか?

親の機嫌が悪いとびくびくしていませんでしたか?

親のため息やひそひそ話が 自分のことではないかと

敏感になっていませんでしたか?

親に心配かけないようにしていませんでしたか?

 

こういった反応は

実は胎児の時から しみついた反応だったのです。

衝撃的事実。

 

赤ちゃんには

こんな窮屈な思いをさせずに

お母さんの愛をまっすぐ受け取れる子に

なってほしいと、思いませんか?

 

難しいことはしなくて大丈夫。

 

お母さんがネガティブな感情を感じた時

「これは赤ちゃんのものじゃないからね」

「これはママの気持ちで、あなたには関係ないからね」

「この気持ちはあなたのせいじゃないからね」

 

そんなふうにフォローしてあげるだけで

お母さんのネガティブな感情の影響を

受けにくい赤ちゃんになります。

 

そして、お母さん自身も

「ネガティブな気持ちは赤ちゃんに悪い」

という罪悪感から解放され 

自分の中の「赤ちゃんをいとしく思う心」に

気づくことができます。

 

妊娠中、

どんな感情を持ってもかまいませんが、

それを赤ちゃんに 受け渡さないようにすることが大切です。

 

こんなふうにして

妊娠期の間に 感情の丁寧に扱う練習をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 
育児ストレス・不安ランキング

 ※ぽちっとよろしくお願いいたします(^O^)

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 

妊娠がわかってから出てくる気持ちをどうしたらいいの

 どんな気持ちも心の中にあっていいのです

初めて妊娠に気づいた時

どんな気持ちが出てきましたか?

 うれしかった

 これからのことを想像して楽しくなった

 

 こわかった

 戸惑った

 不安しかなかった

 

 何も、感じなかった

 

おなかの中に赤ちゃんが宿った時

女性が抱く想いはさまざまです。

 

どんな感情が起こったとしても

間違いではありません。

 

日ごろから体に気をつかって やっと授かった人

周囲の期待とプレッシャーの中で 授かった人

前回の妊娠で悲しい経験をした人

もうあきらめていた矢先に 授かった人

婚姻関係にない相手との間に 授かった人

妊娠を知ったパートナーが喜んでくれなかった人

何か月も生理が来ていないのに気づかなかった人

 

一人として同じ「妊婦さん」はいません。

みんなが同じ気持ちを経験するとは限りません。

ですから、どんな気持ちを感じても

間違いではありません。

 

妊娠したら誰からも祝福されると思っていたのに

マタニティライフを楽しめると思っていたのに

夫が協力的に変貌してくれると思っていたのに

 

現実はそうではなかった。

 

人間関係が微妙に変化してしまった。

 

妊娠がうれしい反面、

真逆の感情がよぎることがある。

 

時に、

赤ちゃんという存在が

疎ましく感じることさえある。

 

どうしてこんな気持ちになってしまうのかな

どうしてこんなつらい思いをしなきゃいけないのかな

こんな私は、母として失格かな

 

いいえ、失格ではありません。

 

何度も言うように

どんな気持ちにも間違いはありません。

 

 どんな気持ちがあったとしても、揺るぎない母性は存在している

妊娠すると 心のフタがゆるむのです。

 

そのせいで、

しまい込まれていた気持ちが

ゆるくなったフタのすき間から漏れてくるのです。

 

不安や心配、自信のなさ

イライラやモヤモヤ

自分や誰かを責めたくなる気持ち

 

なんだかわからないけど

爆発しそうな気持ち

 

しまい込まれていたものが多ければ多いほど

妊娠で敏感になっている心の中で

より際立って感じてしまうのです。

 

もともと持っていたものであり

赤ちゃんに対して 感じているわけではありません。

 

心の奥の方では ちゃんとあなたの母性が働いています。

その母性が望んだから 妊娠しました。

 

心の奥には、

赤ちゃんをいとおしく思う気持ちが 揺るぎなく存在していますが

表面をざわつかせる気持ちのせいで それを感じ取れなくなっているだけです。

 

どんな気持ちが起こったとしても

あなたの本質の中に

子どもを想う気持ちはちゃんと存在しています。

 

そこにつながることができるようになると

お母さん自身が深い安心感を感じることができるでしょう。

 

赤ちゃんへの影響をリセットするための方法

1)感情を丸ごと感じきることで手放していく

今の自分をそのまま、感じてみる。
いい/わるいを外すことも難しいなら、
いい/わるいを感じる自分を丸ごと感じてみる。

  

2)自分をねぎらう

それだけのものを抱えて
ここまでやってきた自分をねぎらう。
自分自身の一番の味方になって理解してあげる。

 

 3)赤ちゃんへの影響をリセット

おなかの赤ちゃんは、ママの感情を自分のものとして受け取りがち。
ネガティブな感情を赤ちゃんに渡さないために、
こんなふうに声かけして下さい。
 
これはママの気持ちで、あなたのものじゃないからね。
ママがこんな気持ちになるのは、あなたのせいじゃないからね。
ママはちゃんとあなたのことを見ているよ。

 

自分の中の感情を片付けた後に

赤ちゃんとつながるようにしてみましょう。

 

お母さんのネガティブな感情の影響を

受けにくい赤ちゃんになります。

 

お母さん自身も、

自分の中の「赤ちゃんをいとしく思う心」への

つながりができてきます。

 

妊娠中、どんな感情を持ってもかまいませんが、

それを赤ちゃんに受け渡さないようにすることが大切です。

 

こんなふうにして

感情の丁寧に扱う練習をしてみましょう。

 

 

 

 
育児ストレス・不安ランキング

 ※ぽちっとよろしくお願いいたします(^O^)

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 

【コラム】子育てのイライラの芽は 妊娠中に摘みとっておく

 

妊娠中の体験は、想像以上にハード

前の記事で、

私は育児暗黒時代について書きました。

けれども、よく考えてみたら

それは 妊娠中から始まっていました。

 

結婚して7カ月後に妊娠した私は

やっと! という感じでとても喜んだ反面

これまで感じたことのないような

不安や怒り、さびしさ、ネガティブな感情を経験しました。

 

はけぐちがないので、

当然のことながら それはオットにも向けられました。

 

私はこんなに苦しいのに

なんでコイツは のんきにプッチンプリン食ってんだ!!

 

オットにすら 日常的に ものすごい憎悪を感じていました。

 

体の変化はもちろんのこと

心の揺れ動きがすさまじくて

それを パートナーであるオットにわかってもらえない、

ということに 無性に腹が立っていたように覚えています。

 

 おなかに赤ちゃんがいることは 

「よろこび」だけではなかった・・・・

むしろネガティブな気持ちの方が強くて

「こんなの、聞いてないよー!!」

と、叫びたい毎日でした。

 

どうやって向き合っていいのか

まったくわからない。

この「わからない」、ということが

よりいっそう私を不安にさせていたのでしょう。

 

赤ちゃんとの密着生活は、さらに想像を超える

そう、体内にもう一人別の命が宿るということは

日常の想定内をあっという間に超える経験です。

これまでの人生経験から導かれたことなんて

秒殺されてしまいます。

 

さらに

赤ちゃんが生まれてしまうと

未知の体験に首までどっぷりつかった状態で

ノンストップで毎日をやっていかなければなりません。

 

これまで自分の手の届く範囲のことって

たいていコントロールできていました。

ところが、

赤ちゃんは、完全にコントロール外のいきものでした。

 

泣き声にせかされるようにしてお世話をしていると

もう自分が何をしているかわからなくなることばかりでした。

 

妊娠中にいかに心のデトックスをしておくかが、産後の明暗を分ける

妊娠中というのは 心のフタがゆるみます。

 

なんでもない時は

感情のフタがゆるまないように自分でコントロールしていますが

赤ちゃんが宿るとこの制御が弱くなるのです。

 

そのため、

思ってもみないような怒涛の感情体験をすることがあります。

 

実は、この妊娠中というのは

そういった感情をデトックスできる

絶好の機会でもあるのです。

 

ここで、ネガティブな感情を丁寧に片付けておくと

いざ、赤ちゃんとの生活が始まった時に

踏ん張りがきくのです。

 

私は、こういったことを

何も知らないで母親になりました。

 

そうなんです。

私は本当に何も知らないで

母親になってしまっていたんです。

 

お母さんの胸をざわつかせるこの気持ちが

いったいどこからきていてどうやったら軽くなるのか

 

赤ちゃんの泣き声にどのように応えればいいのか

 

24時間べったりの生活の中で

お母さんにとっても 子どもにとっても

折り合える地点はどこにあるのか

 

何ひとつ知りませんでした。

また、それを教えてくれる人もいませんでした。

 

ですから、

見えない何かに振りまわされるようにして

子育てをし、疲弊し、

自分から暗黒時代を創り出していたのです。

 

子育ては、どれだけ用意してもし足りないほどに奥が深い

この用意というのは

物品の準備でではなくて「心の準備」のことです。

 

どうすることが子どもの将来にとって望ましいのか

確信がないままにズルズルと子育てを続けることは

お母さんにとっても子どもにとっても

もったいないことです。

  

どうしてこうなるのかわからないことには

原因を知り

どうしたらいいかわからないことには

解決策を知る

 

どんなことにも原因と解決策はあり

それがわかっていれば

子どもに振り回されてイライラしたり

どうしていいかわからなくて オロオロする場面は減ります。

 

妊娠中は、お母さんの気持ちを整える絶好の期間。

 

この間に

赤ちゃんとの生活へ向けて気持ちを整え、

起こりうる問題を知って出せるカードをいくつかそろえ、

先手先手で出せるようにしておくこと。

 

育児への自信につながります。

 

それが もっとも大切な産前準備ですね。

 

 


育児ストレス・不安ランキング

 ※ぽちっとよろしくお願いいたします(^O^)

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 

かつてイライラガミガミママだった私

 

私は、2000年に結婚し

現在高3、中2、小3の子育て中です。

 

上の子たちが小さかったころ

私は

常にイライラして、ガミガミと怒っていました。

 

私はわるくない

悪いのは子どもたちだ

と、思っていました。

 

その一方で、

子どもたちはわるくない

悪いのは全部母である私だ

とも感じていました。

 

自分がイヤでイヤで

 

もうやめよう。

こんなふうに子どもと接するのはやめよう。

 

かたく心に誓って

平常心を、平常心をと思えば思うほど

何かの拍子で一瞬にして怒りに火がついて

子どもを怒鳴りつけていました。

 

私がいない時、私が体調が悪くて寝込んでいる時、

そんな時の方が家庭がうまくいっている・・・

 

この家の元凶は、私なのか・・・。

 

うすうす気づいていましたが

とてもショックでした。

 

 

自分が「母親」として この家にいることが

つらくて、家族に申しわけなくて

たまりませんでした。

 

このままじゃいけない。

そう思って

私は、変わることにしました。

 

イヤでイヤでたまらない自分、

性格なんて一生変わるわけない、と思っていましたが

それをくつがえすことができました。

 

この日から

パッキリハッキリと変わった、という感覚はありませんが

3カ月もたつと自分が変わっていることを

自覚するできごとが起こりました。

 

私はその時、何かの理由で子どもを叱ったんです。

 

その時に、自分の出した声の大きさに

びっくりしてしまったんです。

 

その時初めて私は

「ずいぶん長い間、自分が怒鳴っていない」

ことに気づきました。

 

ガミガミしない自分

感情のコントロールができている自分

 

そんなふうになれるなんて思ってもいませんでした。

 

自分の変化に気づいてからは

その変化がどんどん加速していきました。

 

「こんな家庭なんてあるもんか」と

あきらめていたような家庭を手に入れることができました。

 

 

この家の元凶は私・・・

 

かつてその事実を直視できなかった私ですが

今ならそれがわかります。

私が原因をつくっていたのです。

 

そのことを素直に認めることができたから

変われたのかもしれません。

 

あの頃の家庭にくらべれば

子どもが伸び伸びとでき

家族が自然に集いたくなる

ずいぶんと 居心地のいい場所になりました。

 

家の中がどこかギスギスしていた子ども時代、

その頃からずっと

憧れ思い描いていた「家庭」を 手に入れました。

 

 そして、ひとりでも多くのお母さんに

「もっとよくなる方法があるよ」ということをお伝えしたくて

私の経験を仕事に活かすことに決めました。

 

 このブログでは、

子育て中の悩みや困りごとに

どのように対処していったらいいか

具体的に発信していきます。

今すぐできることを始められるように。

 

よろしくお願いします。

 

 


育児ストレス・不安ランキング

 ※ぽちっとよろしくお願いいたします(^O^)

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 

はじめに

 

 

子育て、楽しんでいますか?

私は楽しめなかった時期が長く続きました。

まさに

暗黒時代でした。

 

ミニマリスト

一汁一菜

 

無駄を省いて

丁寧に暮らす方法が

見直されています。

 

子育ても同じ。

 

これまでの子育ては

あれもこれもと

「盛り」すぎていました。

 

「盛り」すぎることに

躍起になっていました。

 

そのせいで

 

本当に本当に大切なことが

忘れさられていました。

 

このブログでは

引き算する子育てのノウハウを

お伝えしていきます。

 

引き算することで見えてくるものを

丁寧に扱うだけで

子どもはちゃんと育っていく。

 

お母さんが

子育ての罪悪感から解放され

泣いたり笑ったり

のびやかに毎日を過ごすことができるように

 

そんな日常を手に入れる方法を

あますところなく

お伝えしていまいます。

 

2017.5.29 

  


育児ストレス・不安ランキング

 ※ぽちっとよろしくお願いいたします(^O^)

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村